EGF、FGF成分のアンチエイジング効果のまとめ!

2009-08-08スキンケア

ノーベル賞受賞成分で、アンチエイジング効果があるというEGFとFGF成分についてまとめました姫りぼん

EGFとは

『表皮細胞増殖因子』のことで、もともと人間が持っているタンパク質の一種です。

主に表皮細胞にはたらきかけ、表皮細胞の成長と増殖を促進します。

表皮細胞は加齢と共に減少し、ターンオーバーの減退、シミ、カサつきの原因となってしまいますUTAKO

皮膚に単純塗布することで表皮に浸透し、カサつき、肌アレ、赤ら顔、アトピー等、表皮を原因とするトラブルに効果を発揮します王冠青

FGFとは,

『線維芽細胞増殖因子』のことでEGFと同じく人間の体内にあるものです。

表皮にはたらきかけるEGFに対して、FGFは真皮にある線維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞にはたらきかけ、成長と増殖を促します。

線維芽細胞が活発に働くとコラーゲンを真皮に保持し、弾力と透明感ある潤ったお肌を作り上げます。

FGFは加齢と共に減少しますが、皮膚に単純塗布することで表皮に浸透し、シミ、シワ、たるみ、くすみ等の真皮のトラブルに効果を発揮します 王冠

PVアクセスランキング にほんブログ村